1. トップページ
  2. 前歯のすきっ歯について

前歯のすきっ歯について


この度の医院見学会の際、こどもの歯並び相談会を実施させてもらいました。

その質問の中で多かったのが、前歯のすきっ歯に関する相談でしたので、永久歯の前歯の生えたての時期のすきっ歯に関するお話をします。

上の前歯が生えてくる時は、ちゃんと真っ直ぐ並んで生えてくることは少なく、ずれていたり離れて生えてくることが多いのです。

しかし、その隣の歯が生え変わる事により、前歯が真ん中側に押されてスキ間は自然と埋まってきます。

ですので、この時期の事を歯科用語で「みにくいあひるの子の時期」と言います。生えた時はすきっ歯でも自然ときれいに並ぶ事が多いからです。

しかし、スキ間が大きすぎる場合や過剰歯という余分な歯が歯ぐきに埋まっている場合や小帯が長過ぎる場合などはスキ間がうまっていかないので、心配な方は歯科を受診するようにして下さい。

sukkipa

 

小児歯科 に関する記事


PAGE TOP