1. トップページ
  2. むし歯予防になぜフッ素がいいのか?

むし歯予防になぜフッ素がいいのか?


フッ素はむし歯予防に良いというのはみなさんご存知ですよね。

フッ素は歯の表面から取り込まれて、歯の表面にあるアパタイトというものを変化させて、また、歯の表面の小さな構造を変化させることで歯を強くします。口の中の細菌が酸を作り出して、それによって歯が溶かされるのですが、フッ素で強くした歯は通常の歯よりも溶かされにくい事が分かっています。

また、むし歯で少し歯が溶かされた状態にある歯にフッ素が作用すると、むし歯を再石灰化してくれます。再石灰化とは、簡単に言えば、むし歯で軟らかくなった歯を固く戻すという事です。歯が酸に溶かされていくのとその歯を再石灰化する作用のバランスでむし歯が進行したり、止まったりするのです。

フッ素は食物や水道水、唾液にも少量含まれるので、フッ素を利用していない時間でも、歯は少しは再石灰化されていますが、やはり、歯磨き粉やフッ素スプレー、歯医者で塗る高濃度のフッ素などを利用してむし歯から歯を守って頂いたらと思います。

予防 に関する記事


PAGE TOP