1. トップページ
  2. 知覚過敏について

知覚過敏について


冷たいものを飲んだら歯がしみるけれど、むし歯はなさそうだけれど‥
いつもしみているのではなく、しみている時期があったり、落ち着いている時期があったり。
そのような症状は知覚過敏の可能性があります。

最近ではCMなどでもよく耳にする言葉なので、みなさんもよくご存知かもしれません。
知覚過敏は歯の根が歯ぐきからむき出しになってしまう事が原因で症状が出てきます。歯の頭の部分は固いエナメル質という組織で覆われているため、冷たいものの刺激が歯の内部にある神経に伝わりませんが、歯の根はエナメル質がないので、神経に刺激を伝えてしまいます。そのせいで、冷たいものを飲んだら歯がしみてしまうのです。

歯の神経も刺激を受けていると、その刺激から守るために歯を分厚くする事でしみる症状をおさえようとしています。
なので、知覚過敏症状の強い時や、落ち着いている時期があるという訳なのです。

症状が徐々に強くなってきている場合は、何度も冷たいものの刺激にさらされ、、歯の神経が弱ってしまってきている状態です。ついには歯の神経がやられてしまうと、大事な歯の神経を取らないといけなくなってしまうかもしれないので、早く歯医者に行って、歯の根と神経を守ってもらう処置をしてもらいましょう。

PAGE TOP