1. トップページ
  2. 歯のケガの話

歯のケガの話


みなさんは転んだり、ぶつかったりした事で歯が折れたり、抜けたりといった経験はありませんか?

 

歯を強くぶつけると、歯が顎の骨の中から抜け落ちてしまう事があります。

これを歯の脱臼といいますが、この歯がちゃんと元の口の中に戻す事ができるかどうかは、ぶつけてから処置に至るまでの時間が大きく関係します。受傷後、2時間以内だと、元に戻せる可能性がかなり高いと考えられています。

ですので、歯のケガがあった場合は急いで歯医者に行くようにして下さい。

特に永久歯の場合は、一回ぶつけてしまっただけで、その後、そのお子さんは一生涯その部分に歯がないという事になってしまいます。

また、抜け落ちた歯はそのまま歯医者に持って行くのではなく、牛乳に浸けて持って来て頂くと最も元に戻せる確率が高いです。歯が落ちて土が付いてしまっていても絶対にこすらないで下さい。抜けた歯に大事な組織が残っているので傷つけてはいけません。水ですすいで、牛乳に浸けて持って来るようにして下さい。

また、歯が欠けた場合も使える場合がありますので、欠けた部分を探して持ってくるようにして下さいね。

小児歯科 に関する記事


PAGE TOP