1. トップページ
  2. 銀歯の話

銀歯の話


むし歯の治療では銀歯がよく使われています。口の中は銀歯だらけという方もおられるのではないでしょうか?

その銀歯はずっと体の中に入っているのに、どんなものかご存知でしょうか?

 

この保険診療で認められている金属の歯は金銀パラジウム合金といって、金が12%配合されている銀やパラジウム、銅やインジウムや亜鉛などが含まれている合金です。

 

欧米などでは金属を使わない治療が主ですが、日本では昔からこの金属が保険適用になっているので、口の中が銀歯だらけになっているのです。

日本でも見た目や金属アレルギーとの関連などから、銀歯を避けるような傾向になってきていますが、まだまだ銀歯が主流だと思います。

 

むし歯が小さければ、白い樹脂の詰め物で治せますし、そもそもむし歯にななければ金属を口の中にいれる必要はありませんので、やっぱり日頃のケアと定期的な検診が重要という事になりますね。

PAGE TOP