1. トップページ
  2. 口の中のがんの話

口の中のがんの話


がんは体の中の至る所にできるものですが、口の中にもできます。総称して口腔がんと呼ばれますが、口の中のできる部位の名前を取って、舌ガン、歯肉ガン、などと分類されています。

 

口腔がんはがん全体の1〜3%の発生頻度なので、決して多くはないのですが、あまり知られていないので、発見や治療が遅れてしまうと亡くなってしまうケースもあります。

 

他のがんと違って直接患部を見る事ができるので、比較的早期に発見でき、5年生存率も60〜80%ですので、予後の悪いがんとは言えませんが、舌の切除などで、舌の機能などが損なわれると、会話や食事など、生活に必須な活動が困難となってしまいます。

 

口腔がんのリスク因子は喫煙や飲酒、不衛生や、舌などが入れ歯と当たって擦れたり、不適合な詰め物やむし歯などで擦れている事などですので、簡単に予防できるかと思います。

 

痛みが出る程になると、進行している場合があるので、口の中にできものができて、1週間も治ってこない場合は歯科を受診して下さい

PAGE TOP