1. トップページ
  2. こども歯科

こどもの治療

①楽しく治療を受けてもらえるように
当院では、小児歯科専門医がお子さまの治療にあたるので、安心して治療を受けていただけます。
小児歯科
治療内容はもちろんの事ですが、お子さまが歯医者に楽しく通っていただけるよう、専門医ならではの工夫もこらしています。
「歯医者さんに遊びに行く!」
そういった感覚で通ってもらえる医院を目指しているので、今まで歯医者さんが怖くて泣いてしまったお子さまにも、一度来院してみて頂けたらと思います。
②定期検診システム
何度もむし歯ができてしまうのは、むし歯治療が終わっても、ブラッシングや甘いものの摂取習慣が改善されていないからです。むし歯の出来にくいお口を作っていくため、予防を定期的に継続していきます。むし歯のない、歯並びのきれいな永久歯の歯並びを作ってあげましょう。
③お子さん連れのパパ、ママが連れてきやすいように
ベビーカーのまま、土足で診療室に入室可能です。お子さんがパパママの治療中に遊んでいられるキッズスペースも設けています。おむつ替えシートなどもあります。

お子様のむし歯治療

まず、治療の器具を怖がらず、リラックスして治療ができるように治療のトレー二ングを行ないます。

器具ですぐに削るなどの治療を行なうのではなく、器具を触ってもらったり、器具を口の中に入れてみることから始めます。怖がっていたり、泣いているのを押さえて治療を行なっても適切な治療はできないからです。

不適切な治療をしていても詰め物が何度も外れてしまい、お子さんの負担ばかりが増える結果となってしまいます。お子様が口の中で器具を安心して使えるようになれば治療開始です。

痛みを与える事なく、怖がらずに治療が終われば、お子さんに歯科医院に楽しんで来院していただけることと思います。

こども歯科 枚方市樟葉(くずは)の歯医者小川おとなこども歯科

お子様のむし歯予防

枚方市樟葉(くずは)にある歯科・小児歯科 小川おとなこども歯科 お子様の定期検診

むし歯ができてしまった生活習慣の中の原因を、お母さんと一緒に考えることから始めます。

その原因から、どのようにブラッシング習慣や甘いものの摂取習慣を変えていったらいいか?を指導します。むし歯を治しても同じ習慣が続けば、また数ヶ月後には新たなむし歯ができる結果となります。

むし歯が出来にくい口の中を育成するため、生活習慣の指導やフッ素の使用、シーラント処置などを積極的におこなっています。

フッ素

フッ素塗布は歯の表面を強くすることで、むし歯の発生やむし歯の重症化を予防する方法です。

家庭で使用できる低濃度フッ素の指導や歯科医院で高濃度のフッ素を塗布するなど、フッ素を積極的に活用するのがむし歯の予防に効果的です。

乳歯や生えたての永久歯は未成熟な歯の結晶構造なので特に効果的です

シーラント

奥歯の噛み合わせの面の溝はむし歯リスクの最も高い部分です。溝の一番深い部分は、お母さま方の点検磨きでも汚れが残ってしまいがちです。

シーラントとは、溝の深い部分がむし歯になってしまう前に、歯を削る事なく、きれいに清掃した後にプラスチックの樹脂で溝を埋めてしまう予防法です。

乳歯もですが、永久歯が生えてきたら順次シーラント処置を行なっていくのが効果的です。

定期健診

枚方市樟葉(くずは)にある歯科・小児歯科 小川おとなこども歯科 お子様の定期検診

お子さんの歯は乳歯、永久歯ともに未熟な状態です。そのため、大人と違い、むし歯の進行が急速で、痛みを感じる事が少なく進行していきます。

ですので、初期のむし歯の段階で治療しないと歯の神経を取らないといけなくなる事や、麻酔を使った処置が避けられなくなってしまいますが、定期検診を行なうことによって、小さなむし歯の間に発見、治療することが可能です。

また、生え変わりの時期では永久歯への交換がスムーズに行なわれないと歯並びにも悪影響がでてしまうので、定期検診でチェックしていく必要があります。 もし、むし歯や歯並びの問題がない場合でも、定期検診の際にフッ素塗布やシーラント処置などの予防を行ないます。

矯正治療

枚方市樟葉(くずは)にある歯科・小児歯科 小川おとなこども歯科 矯正治療

矯正治療は適切なタイミングで開始しないと治療期間がかかってしまったり、歯を抜かないといけなくなってしまいます。不正咬合(悪い歯並び)の種類と状態によって治療時期や矯正装置の種類などが異なります。

歯並びをお子さん本人が気にしてからでは最適な治療時期を逃すことも考えられるので、まず歯並びについてご相談下さい。相談には保険外料金はかかりません。

治療できないお子さんへ

枚方市樟葉(くずは)にある歯科・小児歯科 小川おとなこども歯科 お子様の定期検診

今まで歯科医院に行って治療が出来なかったお子様や治療に対して恐怖心の強いお子様でも、お子さんと会話をしっかりとして、時間をかけてトレーニングしていけば、ちゃんと治療できるようになりますので、そのようなお子さんでも、来院して下さい。

また、0〜2才の低年齢のお子さんでも、むし歯のないお口を作りあげるために食生活の指導やブラッシング方法の指導、フッ素塗布などおこないます。



PAGE TOP